野球が好きな子供を応援したい。野球を好きな子供たちが少しでも夢に近づけるよう力になりたい。そんな気持ちからスタートしたのが伊東リトルシニアです。

 少子化が言われる中、全国的には高校球児の数は増えており、それを支える学童野球も盛んに行われています。伊東の子供たちも小学校低学年から学童野球チームに入って、一生懸命野球に取り組んでいます。

 そんな子供たちの夢は「甲子園への出場」です。私たちも長年にわたって「いつかは地元の高校に甲子園に出場して欲しい」と願ってきました。

 ただ、現実は大変厳しく、甲子園への道のりは遠いものでした。私たちが最近知ったことは、中学生の有望野球選手が地元の中学校の野球部に入らず、市外のリトルシニアのチームに入って、硬式野球をしているという現実でした。

 学校によっては経験のある指導者がいなかったり、グラウンドが狭かったり、すべての学校が平等に環境が整っているというわけではありません。多くの選手がというわけではありませんが、何時間もかけて市外まで通って野球をしているという話を聞き、正直愕然としました。そんな時「伊東にもリトルシニアのチームが欲しい」という話が持ち上がりました。

 グラウンド確保の問題や選手が集まるか、資金は大丈夫か、運営はどのように進めればいいのか等チームの発足に当たってはクリアしなければならない様々な難問がありました。

 しかし、父母の皆さんの理解と伊東の野球を盛り上げたいと願う人たちの情熱で話は進み、指導者に経験豊富な加納章年監督を迎え、チームは発足しました。

 私たちは野球を通じて子供たちが健全に伸びやかに育って欲しいと願っています。また、「夢は甲子園」「夢はプロ野球選手」と目を輝かせている子供たちに少しでも高いレベルで野球が経験できる環境を提供したいと考えています。

 「いつかは甲子園」と願っているだけでは、夢は叶いません。私たちの取り組みは始まったばかりですが、いつか子供たちの夢、私たちの長年の夢が現実のものとなるよう精一杯がんばっていきたいと思っています。

 どうか、伊東リトルシニアへのご声援をお願いいたします。